山羊を始めて飼う方、犬を飼っている方、一匹でも上手に上手くいっている感じ❤

なんの動物(人間も含む)でも、放っておいて自分の都合の良いように働いてくれるなんて考えは、笑止。

見た目、山羊に草刈りしてもらって、楽々御の字に見えても内情は解っちゃもんではない。人間だって、「感じの良い普通のご家族」だって、中にはいりゃ、ひと悶着もふた悶着もあるだろう。



あ~あ、あかんよなあ~
「山羊は素晴らしいですよ🎵おとなしくて、人懐こくて、草を食べてくれる、可愛らしい家畜、家族でぇ~すっ🎵」

って言って、ほっときゃいいんです。確かに事実で嘘ではない。



でもねえ~なんか違う(ヾ(´・ω・`)
もうちっと違う。

やたら、大切に可愛がれば良いっていうわけでもなく、草むらにほっといて生きていけるわけでもない。島山羊のイメージはやめようよ…彼らは、島に取り残されていっぱい死んだあとの生き残りだ。横井さんとか小野田さんだ。(知らない人は検索してね。第二次世界対戦で島に取り残されて生き残った人間だ。)


普通の山羊さんなんだ。人間に飼われている、ある程度の保護、頼りがある山羊さん。例えれば、奈良公園の鹿さん。奈良公園の鹿は飼い鹿で人に慣れている。山の鹿とは別物だっ❗ネットのとある記事では、奈良公園の鹿は野性と書いてあるけれどちがーう、山の野性の鹿は人には決して近付かない。



なんの動物でも、飼うからにはせいぜい1~2ヶ月は、その子に力いれて力を尽くす覚悟が必要だと思いまーす。慣れたあとは、まあ、のんびり付き合っていけばいいんだけどね。


どうも、山羊は簡単に草食ってりゃ勝手に生きてるみたいに思われている傾向を感じるけども…反対に言えば、大切にしなきゃ、逃げて野性で生きちゃう可能性もあるわけで、これはこれで問題。(山羊にとっては極楽ですが)

とりとめのないお話~(*´ー`*)~でも可愛いんだなあ~


私の場合、山羊ちゃまが人間飼っている❓雰囲気がしないでもない…

DSC_0933


「この人慣れているんだけども、言うこと聞かないしぃ~、何回もメエ~って言ってるのにさあ❗」