なんにしろ、大切に育てた山羊を、無料であげますは厳禁、身に染みて解った出来事。

SNSに投稿するべきかもしれないが、ここが無難かな…書き留めておく。


某公共施設に、女の子を寄付した。そこには、白シバ山羊が、10頭ほどいた。女の子は黒山羊で、白ばかりなので、色をつけたいとのことだった。出来たら、子供をお願いしますと軽く言った。

三ヶ月後、寄付した女の子以外、死んだ。子供はもういいですよ、と言った。

五ヶ月後、男の子を貸してほしいと依頼があった。実習に、一頭では具合悪いらしい。貸せる子は寄付した女の子の父親だけだったので、繋いで離して飼育してくださいと言い、連れていった。駆虫薬とペレットと干し草を持って行った。

一週間後、見に行くと、同居させていた。仲良くしていて、襲いかからないから、と言っていた。ついたなと思った。最悪である。

その一ヶ月後に、うちで男の子と女の子の双子が生まれた。寄付した女の子よりは、近親率が低いので、離乳時に交換する事になった。双子は非常に仲が良いので、男の子は去勢して、二人でいられるようにした。

離乳時、非常なる厳寒期で、母親を二週間ほど貸し出しする事にした。(寄付した女の子はほぼ妊娠しているので、ずっとついている必要がある。ギリギリセーフの感じ。)

💀〰💣💥11日後、女の子が死んだ。家畜衛生保健所にて解剖、ビニールが胃の中に沢山あったそうだ。吐いたものが喉につまり、無人の朝に窒息死。
男の子が心配で見に行くと、母親が痩せこけて吐きまくっていた。連れ帰り、処置して助かった。この時、自家用車がなく自転車で行ったので、トラックで自転車ごと送っていただいた。立派な新しいトラックだった。母親の回復には、二週間あまりかかった。(注意しすぎて⁉太りすぎになってしまったが…)

男の子が心配で、女の子が死んだので、引き取ろうと行ってみた。担当者不在で、大人男子と仲良く見えた。

その11日後、男の子は大人男子に殺された。首輪に角を引っかけて振り回され、首の骨が折れた。朝、担当者不在で、まだ生暖かかったそうだが、死因がはっきりしているので、家畜衛生保健所には運ばず冷凍して、実習に使うと、夕方に電話があった。(~O~;)えっ

そして、さらに話を聞くと、二日前に三歳のメスを隣の県から買ってきて同居させたそうだ。オス二匹とメス一匹、同居させる神経がよく解らない。専門家ではなく、山羊に関しては素人⁉素人の方が、まだ良い。


うちの県では、山羊を飼って死ぬ人が多い。明らかに、この公共施設の飼い方を真似て、二年で2頭亡くなった例を知っている。実際に、当人に話を聞いた。


オスメスごっちゃごちゃに飼い、獣医にみせず、干し草は冬だけ。
寄付した女の子を交換して引き取ったが、雨なのに濡れながら濡れた草を食べているので、ビックリした。当然、下痢した。
これは、10頭のうち9頭は死ぬだろう。雨の日には干し草くらいあげてよ❗女の子は、繋いで濡れた草を食べられないようにして、干し草を沢山あげた。生む一ヶ月前には、普段の倍以上食べる。沢山あげた。ペレットもあげた。


あまりにも、犠牲が大きかったが、非常に勉強になった。


公共施設だからといって、ただで、または、魔の二万円で山羊を渡すのはやめる。必ず死んでる。

後日、あまりにも酷すぎるので謝りに来られました。人間は良い方です。人間は良い方でも、山羊にとっては、良くない方だった。…😢…


結局は、魔の二万円で譲った形になった。もう既に死んでる。


母親の命も、私が自転車でいかなければ、なかっただろう。この公共施設の予算では、一頭がせいぜい、無理して飼う必要性はないと思う。


救いは、よい里親さんに恵まれ、女の子は無事に元気な子を生んだ。



難しいな…