山羊の角は、山羊パパと山羊ママから一つずつもらった、山羊角遺伝子の組み合わせにより、角があるか、角がないか決まる☺👿

20180719_081411
 角がある遺伝子は2個持っていないと角ありにならない。だから、パパからママから👿👿1個ずつ角あり遺伝子をもらい、角がはえてくれる。

角あり遺伝子を1個持っていても、角なし遺伝子があると角なしになる。

ちょっとむづかしくいうと、角なし遺伝子は優性遺伝子、角あり遺伝子は劣性遺伝子と呼ぶ。この場合の優性劣性は、優れているとか劣っているとかは関係ない。遺伝子の見た目に現れる姿が強いか弱いかという感じです。


山羊パパが角ありの場合の子山羊の角遺伝子の予想を✏してみました。へたっぴ(゜.゜)な図🎩
20180719_081425
 角なしのパターンは三種類あります。角なし遺伝子2個のメスは間性となり繁殖能力がないと云われていますので、
実際は、角なし1個角あり1個の山羊ママか、角あり遺伝子2個の山羊ママです。
パパもママも角ありだと、子山羊は100%角ありです。ママが角なしだと、子山羊の50%は角あり、50%は角なしになります。

今度は、パパが角なし:角あり遺伝子1個角なし遺伝子1個の場合の子山羊のパターンです。
20180719_081435
 パパもママも角なしだと、角ありの確率は25%になります。生まれた子山羊の75%は角なしです。そして、角なし遺伝子2個の場合のメスは間性といって繁殖能力がないそうです。ただし、日本ザーネン種のデータであり、角なし遺伝子の型は様々、山羊の研究はあまり進んでいないので、別種類(例えばヌビアンの無角遺伝子とか~)の角なし遺伝子がある可能性もあります。


最後に、パパが角あり遺伝子0の角なしの場合です。
20180719_081500
 この場合、山羊ママに角があろうとなかろうと、生まれた子山羊は100%角なしになります。
角なし同士の掛け合わせでは、50%が角あり遺伝子を持たない子山羊になります。

このままでは、山羊の角がなくなってしまいそうな気がしますが、実際は角ありが多いですよね~

角あり遺伝子0のメスが間性になり、繁殖能力を持たない事で、山羊の角が維持されているのかもしれませんねえ~👿🎵


DSC_0539
 ホッ🍀




 


🐼おまけ

このかんじでいくと、パンダ🐼ちゃんは間性である確率は33%、66%は女の子のハズです🎵

なんで間性だと思うのか⁉は、オシッコの仕方です。

女の子はしゃがんでする、男の子は立ってする、
パンダ🐼ちゃんは、しゃがんでするけれど、後ろ足は伸ばしてしゃがんでます❗女の子は、後ろ足を曲げてしゃがみます。

あとは単なる雰囲気、男の子っぽくもなく、女の子っぽくもなく、不思議な雰囲気です。

➕完璧なる丸頭☺角なしでも、角あたりにちょっと出っぱりがあるのですが、パンダ🐼ちゃんは、頭がまるまるです。角なし遺伝子2個の子なのではないかなあ~と思います。

確率的には女の子である方が大なのですが、今までの女の子と違う、ちょっとした違和感ありなのです。



元気で可愛いから問題なし🎵女の子で発情してもよいし、間性でもよい🎵(ノ´∀`*)