93d79100.jpg
救助依頼ドクターへ!

『雨続きで、男の子2名、下痢です

①呼斗♂今年七夕生まれ、人工哺乳、2ヶ月推定八キロ。(茶々の孫)
9月20日夕方より下痢に気づき、隔離、重曹と岩塩溶かして飲ませる。
9月21日より泥状下痢、お尻洗い、エプリネックス2ミリ+ダイメトン2ミリ注射。
9月22日、治らずお尻洗い。
9月23日、かたまりになってきたので、お尻洗いのみ。
9月24日、同じ臭い下痢の研斗の糞に東洋毛様線虫の卵あり、エプリネックス2ミリ。9月25日、代わらずなので、お尻洗いとダイメトン2ミリ注射。ヨーグルト小匙1と岩塩一つまみを150ccの白湯で溶いて飲ませる。

②研斗、今年5月3日生まれ、四ヶ月、竹と十兵衛の子。
9月21日、下痢気味でエプリネックス3ミリ。(♂全員)
9月22日より下痢気味、重曹舐めさせる。
9月24日、ぼーっとしてしんどそうなので、糞を顕微鏡でみたら、東洋毛様線虫のような卵発見。エプリネックス再度3ミリ。呼斗と同居で隔離。お尻はまし。
9月25日、お尻洗い。呼斗よりましだが、同居で隔離。

本日26日、久し振りの晴れで、太陽の光浴びて草食べました。
…呼斗の下痢が長いので心配です。こんな状況です。』

そして、
9月26日、バイ菌退治の注射(セファゾリンナトリウム)をしていただく。あと3日、注射を続ける。ボバクチンを干し草にまぶして、食べさせる。

呼斗、下痢は治らないが臭くなくなった。
研斗は、パラパラうんに戻った。皆の所に帰ろうかな。

本日、注射最終日だが、まだ呼斗はドロドロの下痢…
この子は、母親と3日しかいなかったようだ。免疫力が弱いのか…部屋山羊にしなくてはならないのかなあ~
只今、①呼斗7、8キロ。②研斗10キロ。



研斗は、完璧にパラパラうんに戻った。呼斗の下痢うんが体についてよくないので、男の子スペースに戻す。
十兵衛が興奮して、やたらチョッカイをかけるので、しばらくくっついて、干し草でお腹いっぱいになるまで、十兵衛を監視?!する。「研斗君は男の子だよ~」

呼斗ちゃんは、飛鳥のいるサティアン(とよんでいる西の小屋)前のコンクリートと木の軒下へ繋ぐ。飛鳥は戻ってもらう。

…即、飛鳥は脱柵…呼斗のエサを横取りして夢中。
…即、松の木下へ繋ぐ。雨が降ってきたので、石の上にパラソルを横たえる。
そして、段ボール燃やしと、小屋の水洗い。十日目かあ疲れる
あれ、水洗いがやけにスムーズにできた。糞の臭いと粘りがなくなったようだ。

あとは、少しずつ体調を整えるだけかなあ♪