牛の駆虫薬イベルメクチンは、副作用が少ない、比較的安全な薬ですが、体質や環境などによっては、副作用が出ることがあります。
駆虫薬ピランテルバモエイト(コンバントリン)で検索したら、イベルメクチンの重大な副作用が書いてあったので、転記します。

《重大な副作用(イベルメクチン)》

・中枢精神神経系(脳症、頭痛、昏睡、精神状態変化、起立困難、歩行困難、錯乱、嗜眠、昏迷など)

・骨格筋系(関節痛など)

・その他(発熱、結膜出血、眼充血、尿失禁、便失禁、むくみ、呼吸困難、背部痛などの疼痛など)

マゾッティー反応…(?)
①中毒性表皮壊死融解症(TEN)、皮膚粘膜眼症候群(スティーブンジョンソン症候群:腎臓、肝臓等の多臓器不全、敗血症、閉塞性の細気管支炎:死亡率3%)
②肝機能障害、黄疸
③血小板減少


こんなことが、たまには現れるかも…と云うことで、あまりに恐れて使わなければ、寄生虫にやられて死んじゃうこともあります。バランスですねえ~

寄生虫にやられて出る症状と副作用が似ているので、わかりにくいです…

イベルメクチンは、静岡県の土の中から発見されたそうです。もともとは自然の中にある線虫退治物質なのですね。


顕微鏡の世界に少しはまり、また、本を買ってしまいました。
f8c9e1e9.jpg

これは人間の寄生虫しか出てないので。
93008e39.jpg